最近の横断幕

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kichijoji.areablog.jp/yokomakunomiti

高質の横断幕を作る

手作りの横断幕を広げると、パッと見ただけほとんどが手作りだと判別してしまいます。
もちろんお手製感が溢れる事も横断幕での一つのファクターですが、近年ではパッと見ただけは勿論注意深く見てもお手製だと判断できない横断幕もあります。
そもそも横断幕はイベントや公営競技の応援として使われたり、広告などにも使われる物で、あまり一般人で使うひとは多くありません。
一部の熱狂的なファンが使う事がほとんどです。
横断幕は旗の一種とされていて、手に持つプラカードも横断幕と分別されたりもします。
では、お手製感が出てしまうのはどういった点なのでしょうか。
三つぐらいのポイントがあります。
一つは文字のバランスと塗料の光沢感です。
手書でバランスを取るのはとても大変なのと、二度塗りやダマがあると分かりやすいです。
二つ目は生地です。
近年では通販の幅が広くなったため、だれでも生地を選ぶ事ができ判断がつきにくいですが、角が整えられていなかったり、ほつれの個所がある場合はお手製感が出てしまいます。
そして最後に縫い部分です。
重ね部分やハトメ処理をしている横断幕は二重の縫い目で整えられますが、仕上がりを見て判断ができます。
では、横断幕を高質にするのに、一番のポイントはやはり文字のバランスです。
いちいち文字を塗らずともプリンター出力する方法を用いれば文字が綺麗に作れます。
インクが溶剤系であれば、横断幕の生地をターポリンにしても耐光性が長持ちして、天候を問わずして使用する事ができます。
布地の場合だと、文字に問題はなくても生地に水が当たってしまうと、早めにボロボロとなってしまうので、耐水性に強いターポリンを使用します。
ターポリンは頑丈ではありますが、それ故に重量があり、持ち運びにはちょっと苦労してしまうのと、ハトメ処理をするときに少し苦労してしまいます。
また、重量があるので、固定も確りと考えなければなりません。
近年ではこうした横断幕も目立っているため、全体的に手作りの質が高くなってきています。


横断幕
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000082247/p10943375c.html
横断幕 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
田中正浩
プロフィール
最近の横断幕について
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 906
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック