流年岁月的历史长河

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kichijoji.areablog.jp/stitchedback

宛若一群美麗的蝴蝶

人生有聚散,塵緣有定數,無論我們多麼珍惜,多麼珍愛,依然無法讓溫馨永伴,讓美好永駐。月盈則虧,水滿則溢,所有的事物皆不能違背物極必反、盛極必衰的恒定規律。我們無法左右生命的長度,唯有努力去豐盈生命的厚度;我們無法掌控天氣的陰晴,唯有去學會笑對風雨坎坷的磨礪。

人生是一場聚散無常的盛宴,有相聚必定有別離,聚時歡喜開懷,別時互道珍重,留一份美好溫潤彼此;人生又是一個車站,有人來也會有人走,你來我欣然相迎,你走我默默祝福,存一份慈悲善待彼此;人生也是一部沒有編排、沒有策劃的生活劇,劇中的我們時而歡笑,時而流淚,若笑能發自肺腑,哭能酣暢淋漓,便不負這程人生曆練的最初本色。

當陌上的霜風卷走枝頭的最後一片紅楓,秋天已經走遠。秋走了,可秋卻留下了一幅斑斕的五彩畫卷,那一樹樹耀眼的紅楓,那一棵棵鮮亮的銀杏,以及那一座座層林盡染的五花山,早已烙印在心底,足以靚麗整個蕭瑟的冬季。

愛已走遠,而那一季溫馨難忘的美好時光,已悄悄深藏在時光的回廊。那些愛的歡歌、情的詩行,早已刻進心房,足以暖透整個漫長的寒冬。

醞釀已久的一場雨,隨著立冬的步伐悄然降臨,宣告了冬的到來。深夜漸寒,靜倚軒窗,沏一杯暖茶,輕捧在手,暖意融融。淺抿一口,芳香綿長。放上一曲舒緩的輕音,任旋律低吟淺唱,任音符歡快跳躍,思緒在音律中穿行,身心在韻律裏舒展。柔柔的音符流動在耳畔,淡淡的茶香縈繞在身旁,一份舒心愜意浸染身心,心悠然,身舒暢。

冬如期而來,帶著一份素淨、幾許薄寒姍姍而行。心底由衷地泛起一份期許,期待一場素雪紛飛、曼舞芳華的絕美邀約。冬天已經來臨,這個冬季,不知道將會賦予我們怎樣的欣喜與驚奇?那就許一份最美的期許,展望明天。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000209457/p11681479c.html
2333 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
聚會多的是朋友相聚
做好隔代教育要“取長補短”
魅惑之春
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
trimmedoff
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 2128
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック