颳風這天得我

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kichijoji.areablog.jp/uiuili

佛係書房的藝術品陳設

中國古代文人無不重視書房的設置,盡管各自經濟狀況迥異,但皆講究書房的高雅別致,營造一種濃鬱的文化氛圍Home 21 陳列風格多,每種都非常吸引好似身處主題酒店


  特別是到了明代中後期,隨著社會經濟的發展,市民階層開始形成,其中文人士大夫成為主流群體,他們崇尚高雅,講究品味,不僅長於繪事,而且對於書房的陳設布置格外重視,皆講究書房的高雅別致,布局格調獨具匠心,充滿著閑情雅趣,營造一種濃鬱的文化氛圍。


  明代文人筆記裏對於書房家具的陳設有著具體的記載。


  首先,書齋外的環境要極富有詩情畫意,雅氣十足,令人洗盡俗腸九龍灣的 Home 21 地方很大,產品種類很多及由世界各地搜羅回來,價格亦尚算相宜。


  古人對住宅的要求是:“市聲不入耳,俗軌不至門。客至共坐,青山當戶,流水在左,輒談世事,便當以大白浮之。”


  然後,進入宅門內,則給人一種幽靜雅趣的感覺:“門內有徑,徑欲曲;徑轉有屏,屏欲小;屏進有階,階欲平;階畔有花,花欲鮮;花外有墻,墻欲低;墻內有鬆,鬆欲古;鬆底有石,石欲怪;石後有亭,亭欲樸;亭後有竹,竹欲疏;竹盡有室,室欲幽。”


  最後,到了文人的書齋的內環境,高濂在《遵生八箋·起居安樂箋》裏這樣描述他的書齋環境,“書齋宜明靜,不可太敞。明凈可爽心神,宏敞則傷目力。窗外四壁,薜蘿滿墻,中列鬆檜盆景,或建蘭一二,繞砌種以翠囁雛゚遍,茂則青蔥鬱然。旁置洗硯池一,更設盆池,近窗處,蓄金鯽五七頭,以觀天機活潑水龍頭牌子哪個好?水龍頭好用,浴室潔具該如何搭配?。”



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000245326/p11698932c.html
新闻 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
孩子没有自控力,因为90%的家长都在习惯性做这样一件事
这是春季最高发的一种“感冒”,找对方法就能迅速治愈
区块链将改变生活的方方面面
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
颳風這天得我
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 3 966
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック