いいことないかな

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kichijoji.areablog.jp/iikoto

危ない借金はダメ!

以前勤めていた会社で、数人の営業さんが解雇や停職などの懲戒処分を受けた事件がありました。
そこは求人誌を発行していたのですが、小さな枠は現金取引で、顧客から集めた現金の一部を会社に入れずに、自分たちの懐に入れていたというのです。

詳しい手口は知りませんが、不正を働いた営業社員のほとんどはパチンコや競艇などのギャンブル費用に充てたり、サラ金やちょっと危ない闇の金貸しなどへの返済に回していたと告白したそうです。

また、連夜のようにキャバクラへ通う人もいて羽振りのよさを見せつけていました。「営業さんは歩合給が付くから、稼いでいるんだね」と他部署の人たちは半分うらやましそうに語っていたものです。

ある日、羽振りの良さを見せていた営業さんが「相談がある」と深刻な顔をしてやってきました。
いわゆる●金と呼ばれる危ないところからお金を借り、とんでもない利息を押し付けられて、返しても返しても完済できなくて困っているとのことでした。

「実は、仕事での不正を隠すために一時的にお金が必要になり、軽い気持ちで借りたんだ」とこれまでのことをすべて話してくれました。

当たり前ですが、私一人の力では解決できる問題ではありません。
たまたま法律事務所の事務長として働いている方を知っていたので事情を話し、その方から●金に強い弁護士さんを紹介してもらい危ない借金については解決することができました。

仕事上の不正については内部告発も考えましたが、「ちくった」と言われるのも嫌だったので知らん顔をしていましたが、別のところからバレて芋づる式にその営業さんの不正も明らかになって、懲戒処分を受けました。

今はもう、その会社そのものがなくなっています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000260974/p11677923c.html
日記 トラックバック( 0)

うどんを自分で打ってみた

ラーメンが大好物の私。
一方で、うどんにも目がありません。さすがに朝っぱらからラーメンはいただきませんが、消化がよくて熱い汁に浮かぶうどんなら、朝いちからでもOK!今朝も8時前に24時間営業のうどん屋さんで、かけうどんとシソおにぎりを1個いただいてきました。

全国にうどん屋さんがどれくらいあるのか…。
それはさておき、うどんを自分で打ってみたいとの衝動にかられ、ネットや図書館で情報を入手。近くのスーパーで中力粉を買い、まずはうどん打ちに挑戦したわけです。

中力粉に塩水を入れてこね回したら、丸くまとめます。さらにコシを出すためにラップへ包んで足踏みすること30分。好きなCDを聴きながら「美味しくなれ、美味しくなれ!」と念じながら踏み込みました。

次は寝かせの工程です。夏と冬では寝かせる時間が異なりますが、次の仕事もあったので、約5時間ほど寝かせました。

次は、テーブルに粉を撒き、寝かせたうどんを麺棒で延ばす工程です。これが本当に力仕事。腰を入れないと思うように延びてくれません。

プロのうどん屋さんが出してくれる節目のないうどんには仕上がらず、あちこちに節目のあるいびつなうどんが打ちあがりました。

出汁はもちろんかつお節をたっぷりと煮出たせ、アクセントにサバ節も使いました。

「うどん屋さんで食べた方が、手間もなくてどれだけ安上がりにいただけただろう…」と思いながら仕上げへ。

具材は、シンプルに油揚げと天かす、そして小ネギをたっぷり散らし、キツネうどんへ仕上げました。
見た目は置いておいて、なかなか自分でも満足できる味に!

しかし、手間ひまを考えたら、しばらくは作らないと思います。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000260974/p11677867c.html
日記 トラックバック( 0)

家飲みで二日酔い

27歳まで、どんなに飲んでも二日酔いというものを知らず、「二日酔いで気分が悪い…」と情けない顔を見せる人を冷たい目で見ていました。

ところが、28歳になって初めて吐き気や悪心、嘔吐、脱力感など二日酔いの症状を強烈に体験し、以来少しでも飲み過ぎたり、深夜0時を越えてまで飲酒をすると、翌朝は決まって二日酔いに苦しむようになりました。

また、加齢とともに飲酒の量が減っても二日酔いになる頻度が増えたことから、外飲みはできるだけ早く切り上げ、ほろ酔い程度で帰宅するようになりました。

とはいえ、根がお酒好きなこともあり、「家飲みにすれば、まさか二日酔いはしないだろう…」と思って、部屋でDVDや音楽を楽しみながらお酒を飲んでいました。

家飲みは、酔ったかなと思ったり、眠くなったりすれば、すぐにベッドで休むことができるので、安心して飲むことができます。
そうした安心感があったのか、ある日、いつもより少しだけ多めに飲んでしまいました。

すると…翌朝は完全に二日酔い。
嘔吐でトイレに駆け込む以外はほとんど起き上がることができず、ほぼ半日を寝て過ごしました。

「えっ?!家飲みで二日酔いになるなんて…」と冷たい目で言われましたが、なるんだから仕方ありません。

今後は、酒量を少し控えて二日酔いとはきれいさっぱりとお別れしたいと思っています。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000260974/p11677865c.html
日記 トラックバック( 0)

チャーハンは難しい

北九州市小倉北区魚町に「藤王」というラーメン屋さんがあります。ラーメンは鶏がらスープの醤油ラーメンですが、これがすこぶる旨いんです。

で、2〜3ヵ月に一度はラーメンを食べに行っているんですが、ある日、チャーハンを注文してみました。

すると…このチャーハンはまさに絶品!ご飯のパラパラ感はもちろん、旨味たっぷりの香ばしさが口の中に広がり、これぞチャーハンという愉悦的な美味しさを贈ってくれました。

ラーメンも食べたいけど、チャーハンも味わいたい。両方食べるとカロリー過多になってしまう!迷うばかりです。

さて、最高に旨いチャーハンをいただいた私は、自分でもチャーハンづくりに挑戦したいと思うようになり、北京鍋と中華お玉を購入しました。

部屋は完全電化なのでガスコンロが使えません。そこで、カセットコンロを利用して、最大限の強火でいっきに勝負しようと思いました。

ネットや図書館でチャーハンの作り方をいろいろと研究し、最初にチャレンジしたのが卵と焼豚と小ネギだけを使ったシンプルチャーハンでした。
調味料は、塩とコショウ、中華スープの素、そして仕上げに小さじ1杯の醤油でした。

北京鍋を熱してやや多めにサラダ油を入れ、煙が出かかるとご飯を投入し、上から卵をかけました。
後は鍋をあおりながら、焼豚を入れてサクサッと混ぜ合わせました。塩とコショウ、そして中華スープの素で味付けをしたら、小ネギを散らして醤油で仕上げ。

我ながら、旨そうにできたなと思い、いざ食してみると…。な〜んか旨味が抜けた味でした。
「う〜む、チャーハンは難しい!」。
あらためて、チャーハンづくりに挑戦したいと思いました。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000260974/p11677641c.html
日記 トラックバック( 0)

吉祥寺を離れて20数年…

早いもので、吉祥寺を離れて30年が過ぎました。

吉祥寺駅からサンロードを通り抜け、アパートへ帰っていた日々が懐かしい。吉祥寺は大きく変わったでしょうね!

当時はまだ若かったから、将来に夢があったけど、今は東京を落ちて九州の片田舎で不完全燃焼の毎日です。

吉祥寺で暮らした時間は短かったけど、中身は濃いひと時でした。親友も恋人もいなかったけど、吉祥寺の街そのものが親友であり恋人だったから、寂しいとは思うことがなかったんです。

半世紀におよぶ人生を生きてきた今、再び吉祥寺で暮らすエネルギーは残っていないけど、せめてマンスリーマンションでも借りて、かの地でひと時を過ごしてみたいと思っています。

そこは、私がたった一人で生きていた街。風に吹かれて、商店街や公園を当てもなく歩き、いつかは生きる道を見つけ出すと希望を持っていた街でした。

東京都武蔵野市吉祥寺。
いいことは少なく、寂しいことが多かったけど、やっぱりかけがえのない街でした。

そう言えば、西洋乞食は閉店しているんですね。あの店でコーヒーを飲むのが好きでした。レトロ感がいっぱいで、ノスタルジーに浸っていたものです。

さて、来年、春が来たら、あの懐かしい街へ行ってみようと密かに思っています。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000260974/p11677535c.html
日記 トラックバック( 0)

このブログトップページへ
ブログイメージ
いつも「何かいいことないかな〜」と探している管理人の雑記帳です。書きたいことは何でも書いて行きます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 1 82
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック