アイラブ 動物園

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kichijoji.areablog.jp/beamsatui

「我が子」の夢、暗転 調査法なく出産断念

 高松市の香川県立中央病院で19日明らかになった、不妊治療中の体外受精卵の取り違え疑惑。「誰の受精卵か確認できないのか」。治療を受けた20代女性は昨秋、ミスを告げられて人工中絶したが、病院側は中絶の前、出産に希望をつなごうとする夫婦の質問に「6週間後なら分かるが、その時に中絶すると母体に負担が大きい」と説明していた。待ち望んだ妊娠だったのに……。夫婦は3日後、中絶を決意したという。【大久保昂、三上健太郎】

 「(受精卵を)誤った可能性が高い」。昨年11月7日、夫婦は中央病院で、担当医(61)や米沢優・産婦人科主任部長らから、取り違えの恐れがあることを告げられた。

 女性は中央病院の前にも約1年間、他の病院で不妊治療を受けていたという。ミスが起きたのは昨年4月に中央病院に来てから2度目の体外受精の時で、体内に受精卵を移植したのは初めてだった。妊娠の喜びをかき消され、夫は「いいかげんに大阪出張 マッサージしろ」と厳しい口調で詰め寄った。

 説明は約1時間に及んだ。「どちらの(カップルの)受精卵か分かる方法は」。子供を産みたいという思いから質問する夫婦に、担当医は「(今から)6週間後に羊水検査をすれば分かると言われているが、100%信用できる検査機関を私は知らない」と答えた。

 その場で女性は「100%自分の子供なら産みたい」と涙を見せたが、3日後、夫から病院に中絶すると電話があった。中絶した時は妊娠9週目だった。

 県側はこの問題で19日夕、県庁で松本祐蔵院長、米沢部長、平川方久・県病院事業管理者が謝罪会見。ミス発覚後は「必ず作業は2人で行い、2人で確認する。培養シャーレに個人名を記入するなど徹底している」と説明したが、当時は体外受精のマニュアルに事故防止などの記述はなく、手順を記した程度だったと述べた。

 担当医は現在も治療に携わっており、処分については「今後検討する」と述べるにとどめた。「義務がない」として、今も厚生労働省に報告していない。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000005990/p10073394c.html
ああああああ | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
マクドナルドが業績好調な理由
食の危機を産業技術で救えるか?「植物工場」に集まる期待度
「私のものではありませんから」
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
アニマル君
プロフィール
動物園が好きです。
好きな動物は、ペンギンとシロフクロウです。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 1 13060
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック