わたげのゆくえ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kichijoji.areablog.jp/tanpopo-tubame

ある秋の夕べの詠

オレンジ色の光を含んだ水色の空に



レースを散りばめたような雲



薄い生地を縫うように



一筋の飛行機雲が流れていく



真っ直ぐと西へ向かう姿は



羽衣をなびかせて飛ぶ天使のようだ



高い雲と 低い雲とが



それぞれ東と北へ向かって漂う



それでもやがては同じ朝にたどり着くだろう



穏やかな秋の夕風が心地良く頬を撫でていく



ちらほらと見えるカラスの家族たちは



音も無く飛んでいくけれど



きっと家へ帰るのだろう



五時の鐘が聞こえてくる



もうすぐみんなが帰ってくるよ



さあ 部屋を暖めよう



日が暮れたらきっと寒くなるから







*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

今さっき、ふと窓の外を見たら、薄い夕焼けが綺麗で暫く外を眺めてしまいました。
家の窓からじゃ西の空は綺麗には写真に収められないので、画像は拝借。




秋 夕方
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000020034/p11120608c.html
とりとめのない詩かも知れない | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
問題です。りんごの木の、実は何でしょうか?
例えばの話。2
例えばの話。
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
たんぽぽツバメイメージ
たんぽぽツバメ
プロフィール公開中 プロフィール
ボランティアの活動報告…
保育の中で感じたこと…
日常で出会ったステキなモノ等…
をお伝え致します(^-^*)

多くの人の心の中に
あたたかい思いが芽生え、育ちますように…

たんぽぽのわたげが飛んで、新しい場所で花を咲かせるように、
あなたの心にも広がっていきますように。。。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 15 231474
コメント 0 829
お気に入り 0 28

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック