一簾月色

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kichijoji.areablog.jp/sefws

な時間的余裕

秀才参謀たちは知らなかった。いや、のちに愕然たる想いをもって知ることになるのであるが、このころヨーロッパでは微妙に、かつはげしく国家間の情勢が動きだしていた。
 その中心にあるのがドイツ総統ヒトラーとソ連首相スターリンである。「二十世紀が生んだ悪魔」ともいうべき二人が、それぞれの野心と計算のもとに、地球をあらぬほうへ転じさせようと動きだしたのが、まさにこのときなのである。かれらは自分の目的のためには悪霊であろうと死神であろうと手をにぎるを辞さない男たちである。かれらにくらべれば、三宅坂上の秀才参謀たちは日本帝国を皇国とみなし、その神秘と使命とをあどけないほどに信じ、善良でさえあった、といってもいいかもしれない。
 今日明らかにされている歴史的事実を検討してみれば、ヒトラーはもうその年の春からポーランド征服の夢をむきだしにしている。四月三日、つづいて十一日と、「白号作戦」つまりポーランドへの進攻計画の最初の一般的指令を連続してだす。つまり作戦開始は八月下旬か九月上旬。そのための日独伊三国同盟の締結の性急な提唱であったのであるが、かんじんの日本がいつまでも煮えきらない。
 ヒトラーは『わが闘争』で、日本人を想像力の欠如した劣等民族、ただしドイツの手先として使うなら、小器用で小利口で役に立つ国民というふうに書いているが、このころにはその認識をいくらか改めていたのか。演説ではむしろ持ちあげて、日本人を喜ばした。
「われわれは不運にも、もつ宗教を間違った。日本人がもっているような、祖国のためにわが身を犠牲にすることを最善とする宗教を、われわれドイツ人はなぜもたなかったのだろうか」
 とはいえ正直なところ、ヒトラーは日本の日和見主義的な態度にはあいそをつかしはじめているのである。そして迷いをいっそう深めた。迷いながら考えつづけた。少なくとも四月が過ぎようとしているころには、かれの日本への共感はかなり影が薄くなってきた。
 かわりにがぜん存在の色をこくしていったのがソ連である。ヒトラーにとって、これまで周辺の影としてしか存在しなかったソ連が、事態の中心にでてきたのである。なぜなら、つねづね、
「英仏ソが同盟を結ぶようなことをすれば、ただちに英仏を攻撃し潰滅的な打撃を与えるであろう」
 と演説などで強がりの発言をくりかえしているが、ヒトラーはこの英仏ソによる大規模なドイツ包囲同盟を真底から恐れていた。事実、四月十七日にはソ連外相が英仏両国との相互安全保障のための三国会議を公式に提案したりして、ヒトラーを脅かした。このとき、フランスはソ連提案に賛成したが、ヒトラーにとって幸いであったのは、イギリスのチェンバレン首相がさして熱意を示さなかったことである。ポーランドやルーマニアを通過してソ連軍を西へ送る権利の保障を、スターリンが強く求めたからで、英首相にとってはとんでもない要求である。それでは東ヨーロッパへのソ連軍の進出を認めるということになるではないか。
 ヒトラーはこのわずかな時間的余裕を利用しなければならないと考える。ともかく、ソ連外相の三国会議開催の提案は、ヒトラーにソ連との友好の価値をますます高く思わせる結果をもたらした。そのうえ英仏へ同盟関係を提案したその同じ日に、ソ連の駐ドイツ大使メレカロフが着任いらいはじめてドイツ外務省を訪れて、外務次官ワイゼッカーにこんなことを語ったというではないか。
「ソ連の政策は決して反ドイツではないのである。独ソ両国の関係が正常化からさらに友好へと進展できない理由はどこにもない」
 ヒトラーにとってこのメレカロフの提議は、英仏ソの東西両面からの包囲同盟の恐怖からぬけだすための、絶好のチャンスを与えてくれたようなものである。ヒトラーが積極的に動きだしたのはそのためである。その第一歩が、イギリスが対ドイツ戦に備えて徴兵制を発令した翌日の、四月二十八日に行われた演説であったであろうか。この演説で、ポーランド=ドイツ不可侵条約の廃棄をのべたヒトラーは、反イギリス調をむきだしにした。そして、
「われわれが知る英国の包囲政策によって、われわれが確認しなければならないのは、(一九三五年の)英独海軍協定の根拠は失われたということである」
 それゆえ協定を廃棄すると高らかに宣言した。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kichijoji.areablog.jp/blog/1000104164/p11727092c.html
情感日志 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
中醫對老年白內障如何治療?
把握思想教育契機
是什麼原因引起的口腔潰瘍呢?
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
一簾月色イメージ
一簾月色
プロフィール
一簾月色
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 1 920
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック